岩手のニュース

「はがき結婚式」いかが? 盛岡の婚礼関連会社、挙式見送りカップルに提案

はがきのやりとりで結婚を宣誓する「はがきの結婚式」

 新型コロナウイルス感染症の影響で結婚式を挙げられないカップルのために、はがき形式で結婚の報告と宣誓ができるサービス「はがきの結婚式」を盛岡市の婚礼関連会社セレブプランニングが始めた。「紙上人前式」とも言える新しい婚礼スタイルを提唱する。
 カップルがまず親族や友人、知人に対し、結婚の報告と宣誓を記したあいさつ状を送付。受け取った人は同封のはがきに承認の署名とメッセージを書いて返送し、人前式を成立させる。
 署名部分を集めて特製の結婚宣誓書に貼り付け、フレームに入れればオリジナルの「結婚宣誓ボード」が完成。記念オブジェとして新居に飾ることができる。
 同社は結婚式の招待状や席次表などの作成が本業。新型コロナの影響が本格化した3月以降、携わっていた結婚式がほぼ全て中止や延期になり、はがきの結婚式の商品化を決めた。
 佐々木秀樹社長(45)は「式で行われることの一部を形として残し、新生活に向けて気持ちを整理する手助けができれば」と説明。「手書きの署名やメッセージは温かみがあり、周りとの絆を再確認できる」とアナログの魅力を強調する。
 あいさつ状、礼状、結婚宣誓書、フレームなどがセットになっており、価格は5万円から。県外など遠方の人向けにインターネットでも注文を受け付ける。連絡先は同社019(601)8113。


関連ページ: 岩手 経済 新型コロナ

2020年06月13日土曜日


先頭に戻る