宮城のニュース

<楽天>ヤクルトに快勝 練習試合を6勝3敗2分けで終える

 プロ野球は14日、各地で無観客の練習試合が行われた。東北楽天は神宮球場でヤクルトと対戦し、9−2で快勝した。これで開幕前の練習試合を6勝3敗2分けで終えた。
 打線は二回、ロメロ、銀次の連続適時打で2点を先取した。三回に4点を挙げ、四回は内田のソロなどで3点を加えて突き放した。
 先発松井は5回4安打2失点の好投。先発候補の一角、2番手・石橋は3回を投げて得点を許さなかった。酒居ら救援3投手も無得点に抑えた。
 西武は山川(富士大出)の3試合連続本塁打となる3ランなどでロッテに4−3で競り勝った。日本ハムは4−2で巨人に勝ち、ソフトバンクは広島を9−3で下した。オリックスと阪神は3−3で、中日とDeNAは2−2でそれぞれ引き分けた。
 練習試合は16日の巨人−ロッテの1試合で全日程が終了。セ、パ両リーグは19日に無観客で約3カ月遅れて開幕を迎える。

ヤクルト 0002000000−2
東北楽天 0243000000−9

(特別ルール延長十回)
(ヤ)小川、坂本、寺島、清水、長谷川、梅野、石山、マクガフ、大西−中村、古賀、嶋
(東)松井、石橋、酒居、辛島、津留崎−太田、足立
(本)内田(東)


2020年06月16日火曜日


先頭に戻る