宮城のニュース

揺れる光、躍る心 仙台・青葉山公園でゲンジボタル乱舞

乱舞するゲンジボタル=16日

 仙台市街地に程近い青葉山公園(青葉区)で、市民グループが保護しているホタルが光の乱舞を繰り広げている。
 公園が闇に包まれ始める午後8時ごろ。広瀬川に注ぐ沢の草むらで、次々とゲンジボタルがともり始める。明滅を繰り返し、ゆらゆらと飛び交う光景は夜遅くまで続いた。
 初めてホタルの生息が確認されたのは2013年。公園で保護活動を続ける「青葉山ホタルの会」の兵庫淑子会長(74)は「今年は地元の小学生2人が家で大切に育てた幼虫も放流しました。きれいに飛んでくれて何よりです」と笑顔を見せた。
 同会は新型コロナウイルスの影響で今年の観察会を中止にした。ホタルは今月下旬まで見られるという。連絡先は兵庫会長090(7660)0339。


関連ページ: 宮城 社会

2020年06月17日水曜日


先頭に戻る