宮城のニュース

4ヵ月ぶり旬の食材 名取産直マーケット再開

4カ月ぶりの再開となった産直マーケット

 名取市の旬の食材をPR販売する「いろどり なとり 産直マーケット」(市主催)が17日、市役所市民ホールであった。新型コロナウイルスの影響で3月から中止していたが、4カ月ぶりに再開した。
 閖上水産加工業組合の若手グループ「yuriage suns(ゆりあげ・さんず)」と産直ネットワークなとりが出店した。目玉は名取市の閖上沖で今春収穫した養殖ワカメで、鮮やかな緑色と歯応えのある厚みが特徴。本格的な一般販売は初めてとあって、多くの市民が買い求めた。
 笹かまぼこなどの水産加工品や野菜も並んだ。若手グループの相沢太事務局長は「コロナの影響で売り上げが落ち込んだ業者は多い。できることから取り組み、名取を盛り上げていきたい」と話した。
 産直マーケットは毎月第3水曜日に開かれる。次回は7月15日の予定。


関連ページ: 宮城 経済

2020年06月18日木曜日


先頭に戻る