宮城のニュース

生ウニやアワビ・・・旬の海産物PR 仙台・中央卸売市場

市場に並んだ県産のアワビ=19日午前6時15分ごろ

 仙台市中央卸売市場で19日、旬の海産物をアピールするイベント「宮城の旬!ごちそう提案」があった。
 県産を中心に、生ウニやアワビ、ホタテの貝柱を市場内の競り場に並べた。3種を乗せた「貝鮮丼」やアワビのステーキなどの作り方を紹介するブースも設けた。
 21日の「父の日」を前に、水産卸の仙台水産(仙台市若林区)が企画した。同社によると、新型コロナウイルスの感染拡大で専門店や料理店の需要が落ち込み、市場で取引される生ウニなどの価格は前年同期と比べ、2〜3割安くなっているという。
 同社の鈴木潤一特種部長は「県産の生ウニやアワビは甘みがあるのが特徴。父の日に多くの人に食べてもらいたい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2020年06月20日土曜日


先頭に戻る