宮城のニュース

<いぎなり仙台>食い支えっぺ! cafe&marketくまと文鳥(洋食、スイーツ) 3びきのくまプレート長男 野菜豊富 まろやかカレー

夏野菜たっぷりのキーマカレーにサラダが並ぶ

 ランチボックスを開けると、たっぷり野菜の彩りとカレーの香りに誘われる。
 「cafe&market くまと文鳥」(仙台市青葉区)で、持ち帰りメニューの一番人気は「3びきのくまプレート 長男」(850円)。ナスやズッキーニなどの夏野菜が7種類以上も入ったキーマカレーと、レタスやトマトなどのサラダが並ぶ。
 店主の川又保さん(44)は元保育士。「料理を作るとき、どうすれば子どもが喜ぶかを考える」と話す。野菜嫌いな子も食べられるように蒸して甘味を出し、カレーは生クリームとバターで煮込んで、まろやかさをつくるなど工夫する。
 小学生以下にはご飯の量が少ないお子さま用ボックス(700円)もある。
 店は八幡小に近く、絵本を置く。学校帰りにふらっと立ち寄る児童もいて、居心地の良さが評判を呼ぶ。子どもたちには手作りおはぎ(2個300円)が人気。川又さんは「みんなが笑顔で食事をする楽しさを感じてほしい」と願う。
(奥島ひかる)

[メモ]営業時間は午前11時〜午後7時(持ち帰りは午後6時まで)。金曜定休。ランチボックスの持ち帰りメニューは「3びきのくまプレート 長男」、カボチャのミートボールが入った「次男」(850円)「限定くまプレート」(900円)の3種類。電話やホームページから予約もできる。仙台市青葉区八幡2の2の8。連絡先は022(341)0849。


2020年06月20日土曜日


先頭に戻る