宮城のニュース

<B2仙台>「来季は昇格」志村GMら宮城県庁訪問

村井知事(左から2人目)に来季の活躍を誓う志村GM(同5人目)ら

 バスケットボール男子、B2仙台の運営会社社長に就任するゼネラルマネジャー(GM)の志村雄彦氏と桶谷大監督らが19日、県庁を訪れ、村井嘉浩知事に来季の活躍を誓った。
 チームは今季、東地区を制したものの、新型コロナウイルスの影響でシーズンが打ち切られ目標のB1昇格はならなかった。志村氏は「有事のときこそスポーツの力で県民を勇気づけたい。来季は名取市や南三陸町など仙台市以外での試合開催を増やす」と方針を語った。
 村井知事は「多くのスポーツファンが『早く試合を開催できるよう後押ししてほしい』と願っている。悲願のB1昇格で明るい話題を届けてほしい」と激励した。桶谷監督は「チームにとっていい補強が進んでいる。リーグ優勝を目指す」と意気込んだ。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2020年06月20日土曜日


先頭に戻る