宮城のニュース

DV相談に20件超 仙台弁護士会ホットライン

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で増加が懸念されるドメスティックバイオレンス(DV)などの問題を巡り、仙台弁護士会が開設した無料電話相談「DV・離婚・ハラスメントホットライン」に20件以上の相談が寄せられた。関係者は「孤立に陥る前に、困っている人は気軽に相談してほしい」と呼び掛けている。
 同会によると、19日までに「自宅待機の時間で配偶者との衝突が増えた」といった悩みや、自宅から避難するDV被害者が全国民に一律10万円を配る政府の特別定額給付金を受け取る方法などを巡る相談があったという。
 7月9日まで。毎週木曜の午前10時〜午後2時。連絡先は022(263)3806。


関連ページ: 宮城 社会

2020年06月21日日曜日


先頭に戻る