宮城のニュース

伊達武将隊、仙台城跡で4ヵ月ぶり演武を再開

約4カ月ぶりで仙台城跡に登場した伊達武将隊

 新型コロナウイルスの影響で自粛を要請された県境を越える移動が19日に全面解除されたことを受け、観光PR集団「伊達武将隊」は21日、仙台市青葉区の仙台城跡で約4カ月ぶりに演武を再開した。
 会場では熱中症防止のため、マスク着用は求められなかったが、前後左右2メートル間隔に目印を設け、密集を避けるよう呼び掛けられた。
 青葉区の会社員伊藤寛子さんは「久しぶりに訪れた。生で見ることができ、感激した」と満足した様子。伊達政宗役の隊員は「観客の表情や雰囲気をじかに感じることができて、うれしかった」と喜んでいた。
 伊達武将隊は感染が拡大した2月以降、動画投稿サイト「ユーチューブ」で演武を配信するなどした。仙台城跡での演武は6月は日曜だけだが、7月からは土曜にも行う。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2020年06月22日月曜日


先頭に戻る