宮城のニュース

咲き誇る300万本 多賀城跡あやめ園でハナショウブ見頃

色彩のコントラストが美しいあやめ園

 宮城県多賀城市の多賀城跡あやめ園のハナショウブなどが見頃を迎えた。紫や白、青など多彩な花が日差しに映え、見物客を楽しませている。
 ハナショウブやカキツバタなどアヤメ科の800種、300万本が約2ヘクタールの園内に咲き誇る。21日は晴天に恵まれ、家族連れなどが訪れた。
 仙台市若林区の会社員石山光伸さん(62)は「あやめ園の花が毎年の楽しみ。見ているだけで涼しくなるように感じる」と話した。
 今月中は見頃が続くという。入場無料。市の担当者は「園内では密集を避け見物してほしい」と呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2020年06月22日月曜日


先頭に戻る