宮城のニュース

<いぎなり仙台>食い支えっぺ! すしやの山孝塩釜店(すし、和食) 寿司弁当 地場の魚介盛りだくさん

バラちらしなど地場の旬の食材を彩り豊かに詰め込んだ

 すし店が考案した「寿司弁当」(1080円)は、メインの品をにぎりずし、バラちらし、アナゴ丼の三つから選ぶ。1番人気はバラちらしで、アナゴやタコ、イクラ、蒸しエビを彩り豊かにあしらった。
 脇を固めるおかずも豪華。この日は金華サバのつや煮に加え、カニみそと豆腐のあえ物、ホッキ貝のひものサラダなど8品を詰めた。いずれも熟練の職人が腕によりをかけた逸品だ。
 塩釜市のマリンゲート塩釜に店を構える「すしやの山孝塩釜店」が販売する。本マグロを使ったすしや一品料理が人気で、テークアウトは4月中旬に始めた。
 寿司弁当のほかに、刺し身3点盛り、天ぷら、焼き魚などを詰めた「晩酌セット」(1944円)がある。ご飯に合う「本日の煮魚」(540円)も日替わりで提供する。
 地場の旬の魚介類を仕入れるため、詰める料理は日によって違う。親方の星裕司さん(51)は「すしだけでなく和食の調理も好きで、他の店にはない弁当ができた。特に煮魚を食べてもらいたい」とPRする。(高橋公彦)

[メモ]営業時間は午前11時〜午後7時ごろ。水曜定休。テークアウトは早めの電話予約が必要。通常メニューの「おまかせ上にぎり」(2700円)「究極のまぐろ丼」(3240円)などもテークアウトできる。塩釜市港町1の4の1。連絡先は022(367)9343。


2020年06月22日月曜日


先頭に戻る