宮城のニュース

<いぎなり仙台>食い支えっぺ! 癒.酒.屋.わおん(創作料理) お酒も選べて雰囲気演出

<週末スペシャルご膳>肉、魚、卵焼きなどボリューム満点。クラフトビールや地酒の提供もうれしい

 牛タンの軟らかさにびっくり。チーズ入りの卵焼きは濃厚な味わい。自家製ポテトサラダはシンプルで飽きが来ない。
 仙台市青葉区の「癒.酒.屋(いざかや).わおん」の「週末スペシャルご膳」(1人前3000円、注文は2人前から)は、8品ほどの料理が楽しめる。野菜もふんだんに使われ、彩り鮮やか。金−日曜限定の持ち帰りメニューだ。
 オーナーシェフの石川邦男さん(63)は「季節を感じてほしいので、旬の食材を選んでいます」と話す。
 「料理をテークアウトできますか」。客の何げない一言がきっかけで、4月中旬に始めた。店でそろえる東北各地のクラフトビールや地酒も、同月下旬からラインアップに加えた。
 「食と酒。両方あれば、家でも店の雰囲気を味わってもらえると思いました」。石川さんの願いが込められている。
 鶏の唐揚げやギョーザ、炊き込みご飯など人気メニューを詰め合わせた「1人飯」(1500円)も5月に登場。単品も持ち帰りOKだ。
(布施谷吉一)

[メモ]午後6〜10時の短縮営業。月曜定休。週末スペシャルご膳は前日までの予約が必要。ビールは1リットル単位で量り売り(1620円〜)。日本酒も1合(540円〜)をカップで提供する。仙台市青葉区中央3の3の18、地下1階。連絡先は022(722)0560。


2020年06月23日火曜日


先頭に戻る