宮城のニュース

東北楽天ホーム開幕戦快勝 仙台に球音復活

ホーム開幕戦を白星で飾り、肘タッチを交わす浅村(左から3人目)ら東北楽天の選手=楽天生命パーク宮城(写真部・藤井かをり撮影)

 プロ野球東北楽天は23日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で日本ハムとの今季の本拠地開幕戦に臨み、4−0で快勝した。
 東北楽天は先発弓削隼人投手が七回途中無失点と好投。打線は二回に浅村栄斗内野手、ロメロ外野手のソロで2点を先取し、序盤から試合を優位に進めた。
 試合は無観客で行われ、歓声のない球場は、選手の声や打球音が響いた。無人の座席には、東北楽天の選手名が入った応援タオルが掲示され、ホームでの熱いプレーを静かに後押しした。日本ハムとは28日まで同球場で戦う。
 プロ野球は7月10日から観客を入れて公式戦を開催する方針。楽天生命パーク宮城では、14日の西武戦から観戦可能となる見込み。

 東北楽天−日本ハム1回戦(東北楽天1勝、18時02分、楽天生命パーク宮城)
日本ハム000000000−0
東北楽天02110000×−4
▽勝 弓削1試合1勝
▽敗 マルティネス1試合1敗
▽本塁打 浅村1号(1)(マルティネス)ロメロ1号(1)(マルティネス)


2020年06月24日水曜日


先頭に戻る