宮城のニュース

避難所クラスター防ぐ 石巻赤十字病院で設営実演

感染拡大を防ぐ避難所の設置方法を学ぶ参加者

 新型コロナウイルス感染症によるクラスター(感染者集団)の発生を防ぐ災害時避難所設営の実演説明会が24日、石巻市の石巻赤十字病院であった。
 石巻地域災害保健医療連絡会議の一環として同病院が主催。保健所や自治体職員、医療関係者ら約90人が参加した。
 避難所・避難生活学会代表理事を務める植田信策副院長が説明。避難所のクラスター化を防止するため、寝る場所と食べる場所を分けることや2メートル幅の通路確保、適切な高さのパーティション(間仕切り)設置が有効と提言した。
 参加者らは3グループに分かれて粉じんの吸入を防げる高さ約40センチの段ボールベッドを組み立て、飛沫(ひまつ)感染対策となる高さ約145センチのパーティションを設ける流れを確認した。
 植田副院長は「感染を百パーセント防ぐのは難しいが多重防御でリスクを減らすことは可能。全市町村で適切な避難所運営ができるよう広めたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年06月25日木曜日


先頭に戻る