岩手のニュース

いわて牛、挟んで支援 福田パンとアリメントがおいしいコラボ

「いわて牛焼肉こっぺサンド」をPRする福田社長(右)と吉田社長

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が低迷する牛肉の消費を後押ししようと、盛岡市のご当地グルメ「福田パン」と岩手県矢巾町の食肉製造販売業「アリメント」が連携し、県産牛肉を用いた新商品「いわて牛焼肉こっぺサンド」を7月4日に発売する。
 ブランド和牛「いわて牛」のモモやバラ部分の切り落としを60グラム使用。県産リンゴを混ぜたオリジナルソースで甘めに味付けし、レタスなどの県産野菜と一緒に厚めのコッペパンに挟んだ。
 福田パンの福田潔社長がアリメントの吉田忍社長に商品化を持ち掛け、県や農協などでつくる「いわて牛普及推進協議会」の協力を受けた。
 開発を手掛けた吉田社長は「切り落としを使い、パンに合うように工夫した。いわて牛を存分に味わってほしい」とPRする。
 1個500円。福田パンの長田町本店、矢巾店、盛岡みたけ店で販売するほか、7月4、5日は盛岡市の百貨店「川徳」でも取り扱う。連絡先は福田パン019(697)8400。


関連ページ: 岩手 経済

2020年06月27日土曜日


先頭に戻る