宮城のニュース

宮城・名取市長選告示まで1週間 現新2人出馬か

 任期満了に伴う名取市長選(7月5日告示、12日投開票)は、告示まで1週間となった。共に無所属で、再選を目指す現職の山田司郎氏(57)=自民・立憲民主・公明推薦=に、新人の元衆院議員大久保三代氏(43)が挑む構図となる公算が大きい。
 山田氏は、市の将来像を示した第6次長期総合計画(2020〜30年度)を挙げ「20年先を見据えた街づくりに道筋を付けたい」と立候補を表明した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で疲弊している地域経済の再生にも早急に取り組む考えを示している。
 大久保氏は報道各社の取材に対し「首長選の無投票は絶対に良くない」と述べ、現職以外の候補者がいなかった場合に立候補するため、準備を進めている。公約として感染症対策と経済活性化の両立や教育立市、東北の中核都市への成長・発展などを掲げる予定だ。
 1日現在の有権者は6万4364人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年06月28日日曜日


先頭に戻る