宮城のニュース

旬の魚介1400品目特価で販売 石巻「元気いちば」開業3年セール

新鮮な生ウニを買い求める来店客

 宮城県石巻市中央2丁目の観光交流拠点施設「いしのまき元気いちば」で27日、開業3周年の感謝セールが始まった。28日まで。
 開業以来最大の約1400品目をそろえた。旬の生ウニが通常の3割引き、ミンククジラの刺し身用赤肉が2割引きなど新鮮な魚介を特価で販売し、来店客が買い求めた。
 米沢耕也マネージャーは「新型コロナウイルスの影響でマグロ解体ショーなどイベントができない分、価格で還元している。地元食材を楽しんでほしい」と話した。
 午前9時〜午後6時。新型コロナ感染予防のため、入場定員を70人程度に調整して案内している。入り口では初日に続き、先着100人に削りたてのかつお節をプレゼントする。
 元気いちばは2017年6月30日、東日本大震災からの市街地再生拠点として開店。市内の水産加工会社などが出資する「元気いしのまき」が運営している。


関連ページ: 宮城 経済

2020年06月28日日曜日


先頭に戻る