宮城のニュース

宿泊施設や飲食店をCFで応援 返礼は2割増利用券 宮城県観光連盟

「愛する〓みやぎドットコム」特設サイトのQRコード

 宮城県観光連盟は、新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが落ち込む観光宿泊施設や飲食店を応援するクラウドファンディング(CF)の募集を30日に始める。7月30日まで受け付ける。

 「愛する〓みやぎドットコム」には、県内の宿泊施設160カ所、飲食店と観光施設計421カ所が参加。支援したい事業者を特設サイトから選択し、支援金2000円〜10万円の6コースから選んで申し込むと、返礼として2割増の利用券を受け取れる。割り増し分は県が補助する。
 利用期間は12月〜来年5月。利用券は10月以降届く。1カ所当たりの上限額があり、宿泊施設が300万円、観光施設と飲食店が150万円。上限に達すると応募は締め切られる。
 村井嘉浩知事は29日の定例記者会見で「事業者も人任せではなく、自ら客を開拓する努力をしてほしい」と奮起を促した。
 連絡先は実行委事務局(名鉄観光内)022(263)1371。

※〓はハートマーク


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年06月30日火曜日


先頭に戻る