宮城のニュース

50代男性の濃厚接触者、全員が陰性

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 仙台市は30日、新型コロナウイルス感染が28日に判明した50代男性会社員の濃厚接触者のうち13人が、PCR検査で陰性と判明したと明らかにした。17人全員の陰性が確認された。
 宮城県と市によると、50代男性は23日に市内の飲食店を訪れ、26日に感染が分かった同市の30代女性アルバイト従業員と店内で接触があった。男性の濃厚接触者は会社関係者だった。
 30代女性の濃厚接触者のうち、飲食店関係者は50代男性のほかに7人いるが、30日までに6人の陰性が確認された。残る1人は検査実施に向けた調整が続く。
 飲食店の同僚で、名取市の20代女性アルバイト従業員は、濃厚接触があった同居家族の陰性が30日に判明した。新たに分かった濃厚接触者1人も陰性だった。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年07月01日水曜日


先頭に戻る