宮城のニュース

<いぎなり仙台>食い支えっぺ! 翠松亭(和食) バラちらし弁当 「塩釜らしさ」を詰め込む

華やかな見た目のバラちらし弁当

 錦糸卵とシイタケを敷いた酢飯の上に、蒸したエビとホタテ、イクラがのる。中央には鮮やかなピンク色に染まったレンコンの酢漬けを添え、おかずにはだし巻き卵や焼きさけ、切り干し大根を詰めた。
 塩釜市の日本料理店「翠松亭」の「バラちらし弁当」(1000円)は、優しい味付けと華やかな見た目が女性客らに好評。具材が増える「上バラちらし弁当」(2000円)は、祝い事などで引き合いが多い。
 もう一つの定番メニューにエビやアナゴの天ぷらを詰めた「天丼弁当」(1000円)があるほか、春には「ほっきめし」(1944円)、5月半ばからは「あなごめし」(同)など旬の食材を提供する。
 晩酌用のつまみを盛り合わせた「おかづまみ弁当」(1620円〜)は、金額に応じて料理の内容を変えられる。飲食店向けの期限付き酒類小売業免許を取得し、日本酒は1合(660円〜)から販売している。
 創業32年の同店は塩釜港に揚がった魚を中心とした「塩釜料理」を掲げる。井上正博代表(59)は「客の要望に応えながら、弁当でも塩釜らしい海の幸を盛り込んだ料理を届けたい」と話す。(高橋公彦)

[メモ]営業は午前11時半〜午後2時、午後5〜9時。テークアウトの注文は午前9時〜午後6時、受け取りは午前11時〜午後7時。塩釜市、多賀城市と宮城県利府町、七ケ浜町は注文3000円以上で配達する。水曜定休。塩釜市海岸通4の8。連絡先は022(362)1777。


2020年07月02日木曜日


先頭に戻る