山形のニュース

山形の農園ランチ特典満載 ガイドブック好評第2弾、仙台の書店でも販売

「農園ランチめぐり」を売り込む仙台市内の書店=青葉区の丸善仙台アエル店

 山形県グリーン・ツーリズム推進協議会は、ガイドブック「やまがたグリぐる 農園ランチめぐり」を発行した。地場の農産物をふんだんに使ってランチを提供する県内の農家レストランや農園カフェ計28店を紹介している。12月27日までの期間中にガイドブックを持参し対象のランチを注文すると特典を受けられる。

 グリーンツーリズムに関心を持つ観光客らに県内全域を巡ってもらおうと、昨年初めて刊行し、好評を得て第2弾を企画した。
 特典が付く対象ランチは各店よりすぐりの1メニューで、そばやパスタ、地域に伝わる家庭料理など。特典は、デザートなど1品の追加、自家製野菜のプレゼントというように店ごとに異なる。1冊で2人まで、期間内に何度でも利用できる。
 新型コロナウイルスの影響を踏まえ、県内に加え、宮城、福島両県など近距離からの集客を見込む。仙台市内の書店5店舗が第2弾から取り扱いを始め、販促コーナーに置くなどしてPR。身近な地域の魅力を再発見する観光「マイクロツーリズム」にいざなう。
 A5判、62ページで2000部発行。700円。3店のスタンプを集め、巻末の応募用紙で希望する店の「ペア食事券」を申し込むと抽選で各店1枚、計28組に当たる。連絡先は協議会023(647)8351。


関連ページ: 山形 経済

2020年07月02日木曜日


先頭に戻る