宮城のニュース

<ベガルタ>きょう湘南と再開初戦

 J1仙台は4日、神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚でリーグ戦第2節のアウェー湘南戦に臨む。午後7時開始予定で、新型コロナウイルス感染予防のためリモートマッチ(無観客)となる。約4カ月半の中断を挟んだ再開初戦で今季初勝利を目指す。
 6月30日は仙台市泉サッカー場で一般非公開で調整。実戦練習では攻撃陣を厚くした「4−3−3」の布陣で後方からパスをつないで攻撃を組み立て、FWの西村、長沢、ゲデスの3トップが意欲的にゴールを狙った。仙台ユースから昇格したGK小畑が主力組に入り、はつらつとしたプレーでアピールした。1日以降は完全非公開で調整した。
 仙台は名古屋との開幕戦で1−1のドロー。中断期間中に主将のDFシマオマテが負傷離脱したため、代わりにDF吉野が最終ラインに入りそうだ。
 湘南は開幕戦で浦和に2−3で敗れたが、仙台から移籍したFW石原がゴールを奪って健在ぶりを示した。ハイプレスでボールを奪い、ショートカウンターで仕掛けるのを得意とする。
 J1での通算対戦成績は仙台の5勝4分け3敗。


2020年07月04日土曜日


先頭に戻る