宮城のニュース

旬の魚を格安で販売 宮城・女川で青空いちば 5日まで

旬の海産物が豊富な青空いちば

 宮城県女川町の地元市場「ハマテラス」で4日、鮮魚店や飲食店が参加する「おながわ青空いちば」(実行委員会主催)が始まった。5日まで。
 ハマテラスの入居店舗など6事業者が出店。旬のイワシ、ホウボウといった約10種類の鮮魚ボックスを格安の1000円で販売したほか、ほやめしや牛タンの煮込みを提供した。産直売り場では涌谷町の採れたて野菜や米が並び、来場者が買い求めた。
 実行委員長の鮮魚店社長岡明彦さん(43)は「新型コロナウイルスの感染対策で会場は換気や手指消毒を徹底している。買い物を楽しんでほしい」と話した。
 5日は塩うにや殻付きカキ、白ハマグリなどの販売も予定している。営業時間は午前9時〜正午。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年07月05日日曜日


先頭に戻る