岩手のニュース

大滝詠一さんのレコジャケなど700点展示 岩手・奥州で企画展

大滝さんが手掛けたレコードのジャケットなどが展示された

 岩手県奥州市出身のミュージシャン大滝詠一さん(1948〜2013年)の業績を紹介する企画展が4日、同市の「えさし藤原の郷(さと)」で始まった。11月8日まで。
 大滝さんが楽曲を制作したレコードのジャケットなど約300点と、音楽雑誌の対談記事の切り抜きなど約400点を展示した。大滝サウンドが流れる中、ファンが懐かしそうに眺めた。
 大滝さんの代表曲「君は天然色」を東北新幹線水沢江刺駅の発車メロディーに導入を目指す動きがあり、機運を高めようとえさし藤原の郷が企画した。
 資料をコレクションする地元顕彰会会長の高橋晋さん(57)は「誰にも負けないサウンドを作っていたことを地元の人にも知ってもらいたい」と話す。
 観覧にはえさし藤原の郷の入場料が必要。レコードを聴く会も計画する。連絡先はえさし藤原の郷0197(35)7791。


関連ページ: 岩手 文化・暮らし

2020年07月05日日曜日


先頭に戻る