宮城のニュース

村井嘉浩宮城県知事 定例記者会見 7/6

新型コロナ感染防止策の徹底を呼び掛ける村井知事

 村井嘉浩宮城県知事の6日の定例記者会見での主なやりとりは以下の通り。

 Q 県議会の与党会派が、公立高へのエアコン整備を要望した。
 A 厳しい要請だと受け止めた。財政的に厳しいが、温暖化が進んで猛暑日になる日もある。地方創生臨時交付金を使うのか、使うことで他の事業へどのような影響が出るのかなど、総合的に判断し、21日の県議会臨時会で示すことも視野に検討したい。

 Q 県内で新型コロナウイルスの感染者が51日ぶりに確認された6月18日から、7月5日までに10人の新規感染が判明した。
 A 全国的に感染が拡大している。現段階で県をまたぐ移動の制限はしていないが、感染リスクがある場所に外出する際は、十分注意してほしい。現状を乗り越えるために県民の皆さんの理解と協力を改めてお願いしたい。

 Q 新型コロナを乗り越えるため、山形県と共同宣言を発表する。
 A 感染拡大の防止や地域経済の回復に向け、8日に吉村美栄子山形県知事との共同宣言に署名する。具体的な施策は決まっていないが、第2波の到来に備えて早めに調整したい。


2020年07月06日月曜日


先頭に戻る