青森のニュース

五所川原立佞武多、9月に代替イベント

威容を放ちながら進む立佞武多=2019年8月

 新型コロナウイルスの影響で中止となった青森県五所川原市の「五所川原立佞武多(たちねぷた)」について、市や五所川原商工会議所でつくる運営委員会は6日、祭りに代わるイベントを9月に実施する計画を明らかにした。
 9月19〜22日に大型立佞武多を市中心部で展示することなどを計画している。開催可否や詳細は、国内での新型コロナの発生状況を踏まえ、8月17日に改めて発表する。
 展示が難しい場合でも、無観客で立佞武多を運行して動画配信したり、仮想現実(VR)を使って制作した動画を配信したりすることを検討するという。
 代替イベントを巡っては、運営委は当初、8月の開催も視野に入れていたが、首都圏での感染再拡大を受け断念した。
 大会長を務める山崎淳一五所川原商議所会頭は「五所川原の顔である立佞武多を活用して街の元気を取り戻したい」と話した。


関連ページ: 青森 社会 新型コロナ

2020年07月07日火曜日


先頭に戻る