宮城のニュース

商店街を七夕飾りでいっぱいに 仙台で決起集会

七夕の伝統継承の決意を語る荒町商店街の佐藤理事長(中央)

 新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった仙台七夕まつり(8月6〜8日)に代わり、仙台市郊外の商店街に七夕飾りを取り付ける機運を高めようと、「地域商店街の伝統七夕を市民とともに盛り上げる会」と銘打った決起集会が7日、市役所であった。
 市議有志12人でつくる議員連盟の主催。商店街の代表者や郡和子市長ら約30人が出席し、七夕の伝統継承に向けて気勢を上げた。
 荒町商店街振興組合(若林区)の佐藤隆俊理事長は「七夕の伝統を絶やさないことが私たちの使命。疫病退散や健康への願いを込めた飾りを天高く掲げたい」と意気込んだ。
 まつり協賛会会長の鎌田宏仙台商工会議所会頭は「心に残る今年ならではの七夕にしたい」と強調。郡市長は「子どもたちと地域のにぎわいのため尽力する皆さまの期待に応え、しっかりと支える」と表明した。
 七夕飾りの取り付けには、市郊外の21商店街が参加する。協賛会は材料費として前年並みか25万円を上限に商店街に支援金を出す。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年07月08日水曜日


先頭に戻る