青森のニュース

青森ねぶた代替イベント 市民限定で8月開催

イベントで展示される大型ねぶた(青森観光コンベンション協会提供)

 青森ねぶた祭実行委員会は8月7日、新型コロナウイルスの影響で中止が決まった青森ねぶた祭の代替イベント「青森市民ナヌカ日ねぶた」を開催する。入場者を市民に限定し、観光施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」に展示されている大型ねぶた3台を青い海公園に設置。最大40店の露店が出店し、はやしの演奏も用意する。
 午後4時半からと、6時45分からの2部構成。ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)に配慮し、入場者を各2000人に制限する。入り口で検温を行い、マスク着用を要請する。跳ねる行為はしないよう呼び掛ける。
 会場の様子は青森ねぶた祭公式サイトでライブ配信するほか、市役所本庁舎駐車場でパブリックビューイングを実施する。
 応募は10日から受け付け、30日以降に当選者へ通知する。入場希望者は公式サイトや市ホームページの応募フォームなどから申し込む。1組4人まで。事務局担当者は「ねぶたのない夏にショックを受ける市民のため、今できる最大限の工夫を施す」と話した。
 イベント名は、ねぶたを海に流し、けがれを払う祭りの最終日「7日」から付けた。


関連ページ: 青森 社会 新型コロナ

2020年07月09日木曜日


先頭に戻る