宮城のニュース

<楽天>ソフトバンクに9−1 中盤集中打で2連勝

7回1失点と好投し、今季初勝利を挙げた東北楽天の塩見

 東北楽天が中盤の集中打で大量リードを奪い、ソフトバンクに2連勝した。
 先発塩見は1−0の一回、川島に同点の左前適時打を許したが、二回以降は散発2安打に抑えた。7回1失点で今季初勝利。
 打線は1−1の五回、鈴木大の2点二塁打など5連打で4点を勝ち越した。六回も浅村の2点打などで4点を追加した。
 ソフトバンクは先発バンデンハークが六回途中7失点(自責点6)と試合をつくれなかった。

ソフトバンク−東北楽天3回戦(東北楽天2勝1敗、18時00分、ペイペイドーム)      
東北楽天  100044000−9
ソフトバンク100000000−1
▽勝 塩見3試合1勝2敗   
▽敗 バンデンハーク3試合1勝1敗 


2020年07月10日金曜日


先頭に戻る