宮城のニュース

高教組、高校再編中止を宮城県教委に要請

 宮城県高校・障害児学校教職員組合(高教組)は6日、中学校卒業者の減少による高校の再編と学級数の削減を中止するよう求める要請書を県教委に提出した。
 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、1学級40人の教室では「3密」を回避できず、安全性を確保できないと指摘。松山、鹿島台商、南郷の大崎東部3校を再編統合する計画を中止することも要請した。
 高教組の高橋正行委員長は「新型コロナの感染リスクがある中で高校再編と学級数減を行うのはおろかなことだ」と批判した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年07月12日日曜日


先頭に戻る