宮城のニュース

高校野球代替大会が開幕 仙台一など5校が3回戦へ

仙台一−小牛田農林 5回表に同点とされ、マウンドで励まし合う先発喜世(中央)ら小牛田農林ナイン

 新型コロナウイルスの感染拡大で中止された全国高校野球選手権宮城大会に代わる独自大会(東北地区高校野球宮城大会)が11日、県内4球場で開幕した。1、2回戦8試合があり、富谷など3校が2回戦へ、仙台一など5校が3回戦へ駒を進めた。
 気仙沼向洋は打線が爆発して泉に9−3で勝った。宮城広瀬は序盤に逆転して石巻好文館を4−1で破った。延長戦も相次ぎ、仙台一は十回タイブレークで小牛田農林を退けた。仙台向山もタイブレークの末に古川を下した。
 12日は4球場で2回戦8試合、13日は2球場で3試合がある。


2020年07月12日日曜日


先頭に戻る