宮城のニュース

<ベガルタ>ゲデス弾で後半追い付く 横浜FCに1−1

横浜FC―仙台 後半12分、同点弾を決めて喜ぶ仙台のゲデス(山本武志撮影)

 J1仙台はリーグ戦第4節最終日の12日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で横浜FCと対戦し、後半に追い付いて1−1で引き分けた。通算成績は1勝2分け1敗の勝ち点5で、11位のまま。

 (1)ニッパツ
横浜FC 1/1―0/1 仙台
       0―1

 仙台は前半からハイプレスをかけて積極的にボールを奪った。しかし拙攻が続いてゴールに迫れず、38分にリスタートの隙を突かれて先制を許した。
 1点を追う後半12分、DF蜂須賀のロングパスを受けたFWゲデスがゴール右隅に蹴り込み同点。終盤は前線にFW山田ら4人を投入、勝ち越しを狙ったが、得点にはつながらなかった。
 木山監督は「自分たちが攻め込める時間を増やしたかった。できたこともできなかったこともあるが、しっかり戦い切れた。全体の精度や次の攻撃の展開はもう少し良くしていきたい」と話した。
 次節は18日、仙台市のユアスタ仙台で札幌と対戦。新型コロナウイルスによる中断明け後はホームで初の観客を入れた試合となる。


2020年07月13日月曜日


先頭に戻る