宮城のニュース

現職も同席し当選証書交付 角田市選管

 宮城県角田市選管は13日、12日投開票の市長選で初当選した黒須貫氏(55)に当選証書を交付した。
 市役所で、市選管の佐藤啓委員長が証書を手渡した。黒須氏は「市政の未来について考えると気持ちが引き締まる」と語った。任期は8月10日から4年間。
 引退する現職大友喜助市長(69)も顔を見せ「地方創生はまだ終わっていない。市の豊かさを取り戻してほしい」と期待を寄せた。
 市長選と同じ5日告示の市議補選で無投票当選した新人2氏も証書を受け取った。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年07月14日火曜日


先頭に戻る