宮城のニュース

感染の3人と同じ学校の女子も 宮城で計110人

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 宮城県は14日、宮城県大崎市に住む20代の女子学生が新型コロナウイルスに感染したと発表した。9、11、12日に感染が分かった10代女子学生2人、10代男子学生の計3人と同じ仙台市内の学校に通っている。県内での感染確認は計110人。
 県によると、女子学生は12日に仙台市の保健所から検査の依頼を受け、13日に帰国者・接触者外来を受診し、14日に陽性が判明した。9日までの平日は公共交通機関で通学しており、外出時はマスクを着けていたという。
 女子学生は症状がないが、県内の感染症指定医療機関に入院した。県は行動歴や同居家族を含めた濃厚接触者を調べている。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年07月14日火曜日


先頭に戻る