宮城のニュース

JR仙石線、信号装置故障で約2時間運転見合わせ 1万4400人に影響

 15日午前7時25分ごろ、仙台市宮城野区のJR仙石線中野栄駅で、東塩釜発あおば通行き上り普通列車の信号装置が表示されなくなった。午前9時25分に運転を再開したが、あおば通―石巻間の上下線に遅れと運休が出ている。約1万4400人に影響した。
 JR東日本仙台支社は故障した車両を車庫に回送し、原因を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2020年07月15日水曜日


先頭に戻る