広域のニュース

東北楽天の高梨、巨人へ 高田とトレード 石井GM「イニング稼げる投手必要」

高梨雄平
高田萌生

 東北楽天は14日、高梨雄平投手(28)と、巨人の高田萌生投手(22)の交換トレードが成立したと発表した。高梨、高田の背番号はともに「53」のままで変わらない。
 東北楽天の石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は右腕の高田に「いろいろな変化球を持っているし、これから(先発)ローテーションに入ってくる逸材」と期待。手薄な左腕の放出については「左打者に左投手を当てる時代は終わった。次の世代の先発が手詰まりで、イニングを稼げる投手が必要」と説明した。
 高田は岡山県出身で178センチ、83キロ。岡山・創志学園高を経て、2017年にドラフト5位で巨人に入団した。今季は1軍出場なし。通算3試合に登板して1敗、防御率11.57。
 高梨は埼玉県出身で175センチ、81キロ。埼玉・川越東高、早大、JX−ENEOSを経て、17年にドラフト9位で東北楽天入り。今季の1軍出場はない。通算164試合登板で4勝5敗1セーブ、防御率1.90。
 高梨は東北楽天を通じてコメントを発表。「たくさん投げさせてもらった濃い3年半」と振り返り「マウンドに行く時の声援、抑えた時の歓声は最高の時間。巨人で元気な姿を見せるのが皆さんへの恩返しになる」とファンに感謝した。


2020年07月15日水曜日


先頭に戻る