宮城のニュース

<楽天>投打がっちり連敗止める

4回東北楽天2死満塁、鈴木大が右前に先制の2点打を放つ(藤井かをり撮影)
7回無失点で4勝目を挙げた東北楽天先発の涌井

 東北楽天が猛打で連敗を3で止めた。四回2死満塁から鈴木大の右前打で2点を先取。続く茂木の中越え3ランで5点をリードした。七回には浅村の右越えソロ、小深田の3点二塁打など打者一巡の猛攻で6点を加えた。
 先発涌井は降雨をものともせず、二回以降は無安打と抜群の安定感を見せた。7回1安打無失点で、開幕4連勝。
 西武の先発今井は4回5失点。7四球と制球に苦しみ、3敗目。

東北楽天−西武1回戦(東北楽天1勝)
西武  000000000=0
東北楽天00050060×=11

楽天生命パーク宮城、18時、2,320人
(勝)涌井4試合4勝
(敗)今井4試合1勝3敗
(本)茂木2号(3)(今井)浅村10号(1)(浜屋)


2020年07月16日木曜日


先頭に戻る