青森のニュース

青森の20代警察官感染 風俗店従業員と濃厚接触

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 青森市は16日、市内の20代男性警察官が新型コロナウイルスに感染したと発表した。10日に感染が確認された派遣型性風俗店従業員の20代女性(茨城県)の濃厚接触者。青森県内の感染者は計31人となった。
 市によると、男性は8日に女性と接触。15日夜に自宅でせきや発熱、倦怠(けんたい)感を訴え、市内の感染症指定医療機関に救急搬送された。抗原検査の結果、陽性と判明した。
 県警によると、男性は県警本部警備部に所属している。9、10日は本部で勤務し、14日には出張で十和田署を訪問、十和田市内のホテルに宿泊したという。
 県警は、男性と接触した警察職員21人を自宅待機とした。警備部の部屋やトイレ、十和田署の一部を消毒した。業務態勢に大きな支障は出ていないという。
 青森市が把握している女性の濃厚接触者は27人で、15日夕時点で男性警察官を含む客15人が特定できていなかった。


関連ページ: 青森 社会 新型コロナ

2020年07月16日木曜日


先頭に戻る