広域のニュース

東京五輪まで1年 橋本五輪相に聞く「復興五輪は最重要の柱」

復興五輪の成功へ向けた決意を語る橋本五輪相=東京・永田町の大臣室

 橋本聖子五輪相は来年夏に延期された東京五輪の開幕まで23日で1年となるのを前に、河北新報社のインタビューに応じた。東日本大震災からの再生へと歩む東北の姿を世界に発信し、被災地の力とする「復興五輪」の成功へ向けた意気込みをあらためて示した。
 政府は新型コロナウイルスの感染拡大で延期が決まった東京五輪・パラリンピックを、「人類がコロナウイルスに打ち勝った証し」(安倍晋三首相)として実施する方針を掲げた。
 橋本氏は「『復興五輪』が東京大会の最も重要な柱であることに全く変わりはない」と強調。「IOC(国際オリンピック委員会)と大会組織委員会も、復興五輪が共通理念であるとしっかり確認されている」と説明した。
 東京都内をはじめ首都圏では7月に入り、新型コロナの感染者数が急増している。
 宮城県や福島県など、全国の競技会場での感染抑止策について「IOCと組織委員会を中心に秋以降、(感染抑止を含む)施策が検討される。安心安全の大会へ全力を尽くす」と言及。「プロ野球やサッカーのJリーグがガイドラインを示し、観客を少しずつ入れて試合をしているのは一つのモデル」とも述べた。
 五輪・パラリンピックに出場する海外選手と地域住民が触れ合う政府のホストタウン事業では、コロナ禍が続く中、「オンラインで相手国と交流を深める登録自治体をサポートしたい」と語った。


2020年07月16日木曜日


先頭に戻る