宮城のニュース

仙台市議会の政活費執行率68.8% 収支報告書を公開

 仙台市議会(定数55)は16日、2019年度の政務活動費(政活費)のうち、改選後の19年8月28日〜20年3月31日の収支報告書と添付された領収書を公開した。全体の執行率は68.8%となり、18年度を7.3ポイント下回った。改選前の19年4月1日〜8月27日と比べると7.6ポイント上回った。
 現在の会派構成で初めて公開する。会派別の執行状況は表の通り。執行率は1人会派「市民と未来のために」の97.7%が最も高く、共産党市議団の96.1%、蒼雲の会の95.3%と続いた。
 一方、公明党市議団は39.2%で最も低く、18年度を16.6%下回った。民主フォーラム仙台43.3%、社民党市議団85.7%、自民党75.2%だった。
 政活費は議員1人に月額35万円が支給される。交付総額は計1億3475万円、執行総額は計9276万円。使わなかった4199万円は、市に返還する。
 収支報告書と領収書は平日午前9時〜正午と午後1〜5時、市役所議会棟で閲覧できる。8月25日からは市議会ホームページでも公開する。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年07月17日金曜日


先頭に戻る