宮城のニュース

宿泊伴う会議に助成金 仙台市、企業対象に1人1泊5000円

仙台市役所

 仙台市は新型コロナウイルス感染症の影響を受ける市内の宿泊施設の利用を後押ししようと、企業などが実施する宿泊を伴う会議、研修会などに助成する制度を創設した。20日から申請の受け付けを開始する。
 市内外の企業などが8月20日〜10月31日に開催する会議、研修会、報奨旅行などが対象。既に宿泊を予約している場合も対象とする。助成額は1人1泊5000円で、1社当たり250万円を上限に設定した。
 (1)会議、研修会の参加者は10人以上(2)市内の延べ宿泊数が30泊以上(3)20人以上収容の会議室などを備えた市内の施設利用−の条件を全てを満たす必要がある。
 旅行会社や宿泊施設が申請し、企業などは旅行会社や宿泊施設に助成額を差し引いた料金を支払う。受付期間は9月30日まで。助成額が2500万円に達し次第終了する。
 連絡先は仙台観光国際協会022(268)9603。


2020年07月17日金曜日


先頭に戻る