宮城のニュース

<楽天>辰己、勝利導く2ラン 7人の継投で守り切る

6回東北楽天2死二塁、辰己が右越え2ランを放つ(藤井かをり撮影)

 東北楽天が競り勝ち2連勝。打線は2−1の五回、浅村の中前適時打で1点を加えた。六回は辰己が右越え2ランを放った。5−4の八回には鈴木大の2点打で突き放した。
 先発弓削は打球が脚に直撃し、四回途中1失点で降板。七回に5番手牧田が3点を失ったが、八回からブセニッツ、森原とつないでリードを守り切った。2番手安楽が3年ぶりの白星。
 西武は先発高橋光が6回5失点と粘れず2敗目。

東北楽天−西武2回戦(東北楽天2勝、18時00分、楽天生命パーク宮城、2,381人)   
西  武000100300−4
東北楽天11001202×−7
▽勝 安楽6試合1勝     
▽S 森原8試合1勝4S   
▽敗 高橋光4試合2勝2敗  
▽本塁打 辰己2号(2)(高橋光)


2020年07月17日金曜日


先頭に戻る