青森のニュース

青森の警察官感染 風俗店女性と濃厚接触

 青森市は16日、市内の20代男性警察官が新型コロナウイルスに感染したと発表した。10日に感染が確認された派遣型性風俗店従業員の20代女性(茨城県)の濃厚接触者。青森県内の感染者は計31人となった。
 県警によると、男性は警備部に所属。市や県警によると、8日に女性と接触し、9、10日は県警本部で勤務した。12日夜から喉の違和感やせきの症状があった。14日は出張で十和田署を訪れ、午後7時すぎから同僚4人と十和田市内の居酒屋で会食した後、スナックに1時間ほど滞在し、ホテルに宿泊した。
 15日夜に自宅でせきや発熱、倦怠(けんたい)感を訴え、市内の感染症指定医療機関に救急搬送された。抗原検査の結果、陽性が判明した。濃厚接触者は、同僚22人とスナック従業員4人の計26人。
 風俗店から顧客名簿の提供を受け、市は14日、男性と連絡を取ったが、男性は女性との接触を否定し検査に応じなかったという。


関連ページ: 青森 社会 新型コロナ

2020年07月17日金曜日


先頭に戻る