宮城のニュース

仙台で学生3人が感染 宮城は129人に

 仙台市は17日、新たに東北工大の20代男子学生3人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。男子学生18人が6日に市内の飲食店で開いた宴会の参加者。感染者は計15人と宮城県内で最大規模のクラスター(感染者集団)となった。市内の感染確認は計97人、県内は計129人。
 市によると、14日に感染が判明した20代男子学生の宴会参加が分かり、3人も検査対象となった。16日に帰国者・接触者外来を受診し、17日に陽性と確認された。いずれも無症状。
 宴会で学生18人は店内外を行き来しながら飲食を共にした。従業員4人のうち3人は店内で働いた時間が長く濃厚接触者に加えた。学生6人は宴会後にカラオケ店を利用したが、従業員と濃厚接触はなかった。
 学生18人の濃厚接触者はアルバイト先を含め38人が確認された。うち7人は陰性と判明。31人は18日以降に結果が明らかになる。
 一方、16日に感染が判明した仙台大の20代男子学生の濃厚接触者は6人が追加され、計16人となった。うち4人が陰性と判明した。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年07月18日土曜日


先頭に戻る