宮城のニュース

宮城・岩沼のふるさと納税、返礼は「ラジオ出演」

 宮城県岩沼市はふるさと納税の返礼として、市内のコミュニティー放送局「エフエムいわぬま」(周波数77.9メガヘルツ)への番組出演などの体験型プランを導入した。
 プランは寄付額に応じて5種類を用意。寄付額1万円で演奏や歌声の放送、2万円で30秒メッセージの放送、5万円で生放送番組への出演かオリジナルCMの企画制作、8万円で10分番組の制作となっている。
 エフエムいわぬまの担当者は「恋人に歌声を届けたり、音楽バンドが自分たちの曲を流す番組を作ったりと、気軽にラジオに出演できるチャンス。インターネットの『サイマルラジオ』を通じて全国に放送が届く」とPRする。
 ふるさと納税による市への寄付は2019年度が約8000件で、総額約1億7500万円だった。市商工観光課は「ラジオを通して思いを発信し、交流を深めてほしい」と期待する。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年07月20日月曜日


先頭に戻る