宮城のニュース

宮城知事「感染爆発想定を」 GoTo混乱で政府批判

感染爆発を見据えた対応の必要性を訴える村井知事(右)

 村井嘉浩宮城県知事は19日、全国知事会の新型コロナウイルス対策本部会合で、感染爆発を想定した対応の検討を国に促すよう提言した。観光支援事業「Go To トラベル」については、旅行業者らを混乱させたとして政府を批判した。
 県庁からテレビ会議方式で参加した村井知事は、秋以降にウイルスが活性化し、濃厚接触者の追跡が困難になるほどの流行の可能性に言及。感染爆発の場合はインフルエンザと同様の対応が必要として「重症者は入院、発熱者は自宅療養、無症状者は『追えない事態』を前提とする方策も想定してほしい」と訴えた。
 「Go to」に関しては「間もなく始まるにもかかわらず、制度設計が示されない。旅行業者や宿泊事業者が困惑している」と指摘。今後、事業の変更内容などを早期に示すよう国に求めるべきだと主張した。
 村井知事は終了後の取材に、国と違って県の感染症対応指針は感染急拡大の「まん延期」を設けていると説明。「今後、経済と感染症対策を両立させる流れを大きく変えるのは難しい。国も早め早めに対策を取ってほしい」と語った。
 観光振興の在り方には「県内から圏域に、と徐々に広げるのが望ましい」としながらも「既に政府が方針を示している。いかに成功させるかに力を注ぎたい」と述べるにとどめた。


2020年07月20日月曜日


先頭に戻る