宮城のニュース

東北楽天、内田が勝ち越し満塁弾 連敗ストップ

7回東北楽天2死満塁、内田が右越えに勝ち越しとなる満塁本塁打を放つ(鹿野智裕撮影)

 東北楽天が逆転で連敗を2で止めた。打線は一回、ロメロの左越えソロで先制。その後4点のリードを許したが、三、六回に浅村の適時打で追いすがった。七回、浅村の2点適時打で追い付くと、続く内田の満塁弾で勝ち越した。
 投手陣は先発岸が三回途中5失点と不振。中継ぎ陣が無失点で踏ん張り、味方の反撃を呼んだ。
 西武は2番手平井、3番手平良が計6失点と序盤の大量得点を守れなかった。平井は今季初黒星。

 東北楽天−西武5回戦(東北楽天3勝2敗、13時00分、楽天生命パーク宮城、3,559人)
西  武023000000−5
東北楽天10100160×−9
▽勝 ブセニッツ9試合1勝
▽敗 平井12試合2勝1敗
▽本塁打 ロメロ5号(1)(榎田)山川9号(3)(岸)浅村11号(1)(榎田)内田2号(4)(平良)


2020年07月20日月曜日


先頭に戻る