宮城のニュース

海の日 幸詰める 宮城・名取でホヤ販売

ビニール袋にホヤを詰め込む参加者

 宮城県産ホヤの消費拡大を目指すイベント「ほやフェスティバル」が23日、名取市閖上のまぼ屋閖上出張所であった。
 目玉は1回500円のホヤ詰め放題。女川町産の新鮮な殻付きホヤ1500キロが用意され、参加者がビニール袋に詰め込んだ。
 塩釜市の会社員佐藤駿さん(27)は「刺し身にしてワサビじょうゆで食べるのが楽しみ」と話した。
 仙台市の飲食業「飛梅」が海の日に合わせ、貝毒検出に伴う出荷自主規制や新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ県産ホヤの需要を喚起しようと企画。蒸しホヤなどの食べ放題もあった。


関連ページ: 宮城 経済

2020年07月24日金曜日


先頭に戻る