宮城のニュース

氷河期世代採用、4職種10人程度 宮城県が職員試験実施へ

宮城県庁

 バブル崩壊に伴い就職難だった「就職氷河期世代」への支援策の一環として、宮城県人事委員会は、来年4月に4職種計10人程度を正規職員として採用する試験を12月に実施する。
 採用するのは(1)一般事務(5人)(2)学校事務(2人)(3)警察事務(2人)(4)土木(2人)−の4職種。受験資格は1970年4月2日〜85年4月1日生まれの男女。学歴や職務経験は問わない。
 申込受付期間は11月2〜20日。1次試験の筆記は12月13日に、作文と適性検査、面接など2次は来年1月9、10両日に行う。合格発表は1月下旬。
 試験会場や申し込み方法の詳細は9月上旬に公表する。連絡先は人事委員会事務局022(211)3761。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年07月26日日曜日


先頭に戻る