宮城のニュース

仙台市が決壊ハザードマップ作製 防災重点ため池83ヵ所の満水想定

将監ため池のハザードマップ

 仙台市は昨年6月に新たに指定された市内92カ所の「防災重点ため池」のうち、83カ所の決壊時のハザードマップを作製し、8月11日から市の公式ホームページなどで公開する。
 マップはため池ごとに作製。満水時に決壊した状況を想定し、決壊から10〜60分後の時間ごとの浸水想定区域、最大浸水深、避難場所などを地図に表示した。
 将監ため池(泉区、貯水量21万100立方メートル)のマップによると、満水時に決壊した場合、10分後に南東側の市地下鉄泉中央駅の周辺が浸水し、20分後にユアテックスタジアム仙台付近、30分後に七北田川に達し、60分後には市名坂小の周辺に及ぶことが分かる。
 市内の防災重点ため池は鶴ケ谷大堤ため池(宮城野区、20万5232立方メートル)、越河ため池(太白区、9万4883立方メートル)など計97カ所ある。このうち5カ所は既にハザードマップを作製し、公表している。
 残る92カ所は県が新たに指定したため池。浸水シミュレーションの結果、83カ所は浸水想定区域に住宅や公共施設が含まれるため、ハザードマップの作製を進めた。8月1〜10日には市内10カ所で、対象地区の町内会向けの説明会も開く。
 市は安全対策として、本年度は31カ所に水位計やカメラなどを設置し、遠隔監視システムを構築する。地震や豪雨の発生時、ため池の堤の損傷や水位の変化を即時に把握する。県も本年度から耐震性などの詳細調査を実施し、影響の大きい場所から補強工事を行う。

[防災重点ため池]決壊時の浸水区域に家屋や公共施設があり、人的被害を与える恐れがあるため池。主に農業用に利用されている。2018年7月の西日本豪雨で、防災重点ため池ではない小規模なため池が決壊し、甚大な被害が出たことを踏まえ、国は同年11月に新たな選定基準を公表し、対象を拡大。19年6月、県は県内617カ所を新たに指定した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年07月27日月曜日


先頭に戻る